○東京都の後援名義等の使用等について
昭和58年7月15日
58総総文第219号
局(室)長
都立大学事務局長
養育院長
南多摩新都市開発本部長
中央卸売市場長
出納長
東京都の後援名義等の使用等について(依命通達)
東京都の後援名義等の使用承認等の事務処理については、東京都の後援名義等の使用について(昭和31年9月26日付総総庶発第518号依命通達)により行つてきたところであるが、事務処理の適正化及び簡素化を図るうえから今後は下記によることとしたので、所属職員に周知徹底を図り、事務処理に遺憾のないよう取り計らわれたい。
この旨命により通達する。
1 各種行事に対し東京都の後援、共催、協賛等の名義の使用を承認する場合は、別紙東京都後援名義等の使用承認に関する事務取扱要領(以下「取扱要領」という。)により処理すること。
2 東京都の部局、事業所の後援、共催、協賛等の名義使用についても、取扱要領の第1、第2及び第5に準じて取り扱うこと。

別紙
東京都の後援名義等の使用承認に関する事務取扱要領
国、地方公共団体、民間団体、民間企業等が主催する博覧会、展示会、講演会、記念式等の行事について、主催者から後援、共催、協賛等の名義(以下「後援名義等」という。)の使用の依頼があつた場合は、下記により取り扱うものとする。
第1 後援、協賛又は共催の名義の使い分けについて
1 「後援」と「協賛」の区分については、原則として「後援」名義の使用を承認するが、特に主催者の要望があるときは、「協賛」名義等の使用を承認することができる。
2 「協賛」名義等の使用については、原則として「協賛」名義の使用を承認するものとし、「協賛」名義を除く「協賛」名義等の使用は、既にその承認の実績がある等のやむを得ない事情がある場合に限つて承認するものとする。
3 「後援」は東京都が当該行事を外部的に支援するものであるのに対し、「共催」は東京都が主体的に実施すべき行事を他の団体等と共同して実施するものであるから、いずれの名義を使用するかについては、十分検討して承認すること。
第2 後援名義等の使用承認基準等について
1 東京都が後援名義等の使用を承認することのできる行事は、後援名義等の使用が東京都の施策の推進に寄与すると認められるものとし、次の各号のいずれかに該当するときは、後援名義等の使用を承認しないものとする。
(1) 行事が公序良俗に反するものその他社会的な非難を受けるおそれのあるものであるとき。
(2) 行事が宗教的又は政治的色彩を有しているとき。
(3) 行事が私的な利益を目的としているとき。
2 後援名義等の使用承認に当たつては、行事の実施状況の把握等に必要な条件を付するものとする。
3 局長は、前2項に定めるもののほか、各局の事務事業の実情を勘案した具体的基準等を必要に応じて定めるものとする。
第3 後援名義等の使用承認手続について
後援名義等の使用承認に当たつては、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に掲げる者に協議するものとする。
(1) 当該年度、前年度又は前々年度に後援名義等の使用承認の実績のない行事に係る使用承認 総務局総務部文書課長及び各局庶務主管部長
(2) 前号に掲げる行事以外の行事に係る使用承認 各局庶務主管課長
第4 後援名義等の使用承認の実績報告について
局長は、後援名義等の使用承認について、その承認の都度、別紙様式2の後援名義等使用承認名簿に記録してその実績を把握するとともに、各年度終了後20日以内に別紙様式1の後援名義等使用承認報告書に当該後援名義等使用承認名簿を添えて総務局長に報告すること。
第5 後援名義等の使用承認の通知について
後援名義等の使用承認の通知は、別記1及び2に定める例により、必要に応じ所要の補正を加えるものとする。ただし、これにより難いものについては、この限りでない。

別記1

番     号

年  月  日

          あて

東京都知事     

東京都後援名義の使用について(承認)

    年  月  日付第  号で申請のあつたこのことについては、下記により承認します。

 1 東京都後援名義の使用を承認する行事

  (1) 行事名

  (2) 実施時期

  (3) 実施場所

 2 後援名義使用承認の条件

  (1) 東京都は、この行事に要する経費を負担しません。

  (2) 東京都後援名義使用の印刷物等を作成する場合は、事前にその原稿を東京  都  局  部  課に届け出てください。

  (3) 行事計画に変更があつた場合は、直ちに届け出てください。

  (4) 行事の終了後速やかに結果の概要を文書により報告してください。なお、東京都において必要と認めたときは、東京都後援名義の使用状況について報告を求めることがあります。

  (5) 行事の実施上東京都後援にふさわしくない行為があつたときは、この承認を取り消すことがあります。

(日本工業規格A列4番)

別記2

番     号

年  月  日

          あて

東京都知事     

行事の共催について(承認)

    年  月  日付第  号で申請のあつたこのことについては、下記により承認します。

 1 共催を承認する行事

  (1) 行事名

  (2) 実施時期

  (3) 実施場所

 2 共催の内容

   別紙協定書のとおり

(日本工業規格A列4番)

別紙

番     号

協定書

  東京都を甲とし、     を乙とし、甲乙間において、次の条項により協定を締結する。

 第1条

 第2条

  甲及び乙は、本書を 通作成し、それぞれ記名押印の上、その1通を保有する。

         年  月  日

東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 

甲 東京都             

代表者 東京都知事      印

乙                 

(日本工業規格A列4番)

別紙様式1

番     号

年  月  日

  総務局長    殿

局長  

後援名義等使用承認報告書

  このことについて、 年度の承認件数を下記のとおり報告する。

 1 後援                     件(      件)

 2 協賛                     件(      件)

 3 共催                     件(      件)

 4 その他                     件(      件)

                                       

     計                      件(      件)

 (注) ( )内訳は、各局庶務主管課長までの協議による承認件数

(日本工業規格A列4番)

別紙様式2

後援名義等使用承認名簿

局(室)名      

 

番号

文書番号

名称

実施場所

申請者

 

新規

使用名義

承認年月日

実施期日(又は実施期間)

1

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

2

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

3

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

4

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

5

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

6

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

7

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

8

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

9

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

10

第  号

 

 

 

 

 

年 月 日

年 月 日( 〜 年 月 日)

 (注) 新たに使用承認したものは、新規欄に○印を記入すること。

(日本工業規格A列4番)