見出し/沿革
東京都建築安全条例
昭和25年12月07日条例第89号
第一条(趣旨)
第一条の二(適用区域)
第一条の三(適用除外)
第二条(角敷地の建築制限)
第1項
第2項
第3項
第三条(路地状敷地の形態)
第1項
第2項
第三条の二(路地状敷地の建築制限)
第四条(建築物の敷地と道路との関係)
第1項
第2項
第3項
第五条(長屋の主要な出入口と道路との関係等)
第1項
第2項
第3項
第4項
第六条(がけ)
第1項
第2項
第3項
第4項
第六条の二(擁壁の位置)
第七条(三階以上の階に設ける居室)
第七条の二(避難施設の設置)
第1項
第2項
第七条の三(建築物の構造)
第1項
第2項
第3項
第4項
第5項
第6項
第八条(直通階段からの避難経路)
第1項
第2項
第3項
第八条の二(仮設建築物等に対する適用の除外)
第八条の三(一定の複数建築物に対する制限の特例)
第八条の四(一定の複数建築物に対する外壁の開口部に対する制限の特例)
第八条の五(階避難安全性能等を有する建築物の階に対する適用の除外)
第八条の六(全館避難安全性能を有する建築物に対する適用の除外)
第八条の六の二(別の建築物とみなす部分)
第八条の七(適用の範囲)
第八条の八(用語の定義)
第八条の九(自動回転ドアの設置を禁止する施設)
第八条の十(最大回転速度)
第1項
第2項
第八条の十一(低速運転装置)
第八条の十二(駆け込み防止さく)
第八条の十三(自動式の引き戸の併設)
第1項
第2項
第3項
第八条の十四(緩衝材)
第八条の十五(滑り・つまずき対策等)
第八条の十六(非常停止装置)
第八条の十七(自動停止装置)
第八条の十八(安全の確認)
第八条の十九(適用の除外)
第1項
第2項
第九条(適用の範囲)
第十条(路地状敷地の制限)
第十条の二(前面道路の幅員)
第1項
第2項
第3項
第十条の三(道路に接する部分の長さ)
第1項
第2項
第十条の四(避難階における直通階段からの出口等)
第1項
第2項
第3項
第十条の五(耐火建築物等としなければならない特殊建築物)
第十条の六
第十条の七(らせん階段の禁止)
第十条の八(行き止まり廊下等の禁止)
第十一条(特別避難階段等の設置)
第1項
第2項
第3項
第十一条の二(外壁等の防火構造)
第十一条の三(階段下の火を使用する室の禁止)
第十一条の四(遮音間仕切り壁の設置)
第十二条(四階以上に設ける教室等の禁止)
第十三条(教室等の出入口)
第十四条(排煙設備及び非常用の照明装置の設置)
第1項
第2項
第3項
第十五条(内装制限)
第十六条(共同住宅等の構造)
第1項
第2項
第十七条(共同住宅等の主要な出入口と道路)
第十八条(二以上の直通階段の設置及び構造)
第1項
第2項
第十九条(共同住宅等の居室)
第1項
第2項
第3項
第二十条(廊下の構造)
第1項
第2項
第3項
第二十一条(寄宿舎又は下宿の制限の緩和)
第1項
第2項
第3項
第4項
第5項
第6項
第7項
第8項
第二十二条(敷地と道路との関係)
第二十三条(出入口)
第1項
第2項
第二十四条(屋上広場)
第二十五条(連続式店舗の構造)
第二十六条(連続式店舗の廊下)
第二十七条(敷地から道路への自動車の出入口)
第二十八条(前面空地)
第1項
第2項
第二十九条(耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない自動車車庫等)
第1項
第2項
第三十条(他の用途部分との区画)
第1項
第2項
第三十一条(一般構造及び設備)
第三十二条(大規模の自動車車庫又は自動車駐車場の構造及び設備)
第三十三条(屋上を自動車の駐車の用に供する建築物)
第1項
第2項
第三十四条(適用の除外)
第1項
第2項
第三十五条及び第三十六条
第三十七条(簡易宿所の宿泊室)
第三十八条(耐火建築物としなければならない公衆浴場)
第三十九条(ボイラー室等の構造)
第四十条(客席の定員)
第1項
第2項
第四十一条(敷地と道路との関係)
第1項
第2項
第3項
第四十二条(前面空地)
第1項
第2項
第四十三条(客席部の出入口)
第四十四条(客用の廊下)
第四十五条(階段の構造)
第四十六条(屋外へ通ずる出入口等)
第1項
第2項
第3項
第四十七条(客席内の構造)
第1項
第2項
第3項
第4項
第四十八条(客席部と舞台部との区画)
第1項
第2項
第3項
第四十九条(客席とその他の部分との区画)
第五十条(舞台と舞台部の各室との区画等)
第1項
第2項
第五十一条(主階が避難階以外にある興行場等)
第五十二条(興行場等の制限の緩和)
第五十三条から第七十一条まで
第七十二条(病院等の内装)
第1項
第2項
第七十三条(児童福祉施設等)
第1項
第2項
第七十三条の二(用語の定義)
第七十三条の三(地下街に設けてはならない施設)
第七十三条の四(地下の構えと地下道との関係)
第七十三条の五(地下道の直通階段)
第七十三条の六(地下の構えの防火区画)
第七十三条の七(地下の構えの各部分から地下道等までの歩行距離)
第1項
第2項
第七十三条の八(専用直通階段)
第七十三条の九(地下街と他の地下工作物等との区画)
第七十三条の十(店舗に接する地下道及び出入口階段ホール)
第1項
第2項
第七十三条の十一(地下道の直通階段に接する出入口の禁止)
第七十三条の十二(機械換気設備)
第1項
第2項
第七十三条の十三(換気量)
第1項
第2項
第3項
第4項
第七十三条の十四(専用の排気設備)
第七十三条の十五(建築物の地下の部分と地下道との関係)
第七十三条の十六(建築物の地下の部分と地下道等との区画)
第七十三条の十七(階段ホールの設置)
第1項
第2項
第七十三条の十八(建築物の地下の部分における地下街の規定の準用)
第七十三条の十九(専用直通階段の設置)
第1項
第2項
第3項
第七十三条の二十(制限の緩和)
第七十四条(耐火構造等を貫通する建築設備)
第七十五条(風道)
第1項
第2項
第七十六条及び第七十七条
第七十八条(共同住宅に設けるエレベーターの構造)
第1項
第2項
第七十九条
第八十条(エレベーターの機械室等)
第八十一条(エスカレーターの吹き抜き)
第八十二条(道路位置の指定基準)
第八十三条
第1項
第2項
第3項
第4項